台湾高山茶専門店遊山茶訪は、自社の茶畑と工場で植栽から製茶、販売まで一貫して管理、安全で高品質なお茶をご提供し ています。

丁寧に手摘みされた茶葉を、熟練の職人が丹念に仕上げました。香りは全てお茶自体のもの。持続性のある上品な香りが特 長です。


>>遊山茶訪について


特徴で選ぶ

台湾茶には、主に、発酵させない緑茶(不発酵茶)、完全に発酵させた紅茶(全発酵茶)、その中間の青茶(半発酵茶)があります。(ジャスミン茶のように、烏龍茶や緑茶に花の香りを付けたお茶もあります) その中でも一般に烏龍茶と呼ばれる青茶(半発酵茶)が大半を占めており、遊山茶訪の高山茶もこの青茶に分類されます。「半」発酵茶と言っても不発酵茶に近いものから全発酵茶に近いものまであり、発酵度にして10数%〜80%と実にヴァリエーション豊かです。 同じお茶でも発酵度や焙煎度、採れた季節により味や香り、風味に違いが出てきます。
graph
発酵の度合による特長
発酵度が低いものほど味や香りが爽やかで緑茶に近い風味、茶葉の色は緑色に近くなります。発酵度が高いものは風味が濃厚で紅茶に近くなり、茶葉の色も赤みを帯びています。 発酵度の低いお茶は体を冷やし、高いものは体を温める性質があると言われています。
【発酵度】
軽発酵茶 軽発酵茶(15-20%) 高山茶、文山包種茶など 商品リスト
中発酵茶 中発酵茶(30-40%) 凍頂烏龍茶など 商品リスト
重発酵茶 重発酵茶(70-80%) 東方美人茶など 商品リスト
全発酵茶 全発酵茶(100%) 紅茶など 商品リスト
焙煎の強さによる特長
焙煎度が低いものほど、新鮮で味や香りが清々しく風味も軽やか。爽やかさの中にほのかな甘みを帯び、茶湯は明るく、金黄色から黄緑色に近い色をしています。 焙煎度の高いものは香りが芳ばしく、落ち着いた深みのある味わい。重厚な甘味が感じられます。茶湯の色も深みを増し、褐色に近い色になります。重焙煎茶になると長く保存がききます。 焙煎度の低いお茶は体を冷やし、高いものは体を温める性質があると言われています。
【焙煎度】
不焙煎〜軽焙煎茶 不焙煎〜軽焙煎茶(30%まで) 商品リスト
中焙煎茶 中焙煎茶(50%まで) 商品リスト
重焙煎茶 重焙煎茶(50%以上) 商品リスト
香りの傾向
発酵度や焙煎の方法により香りの傾向が変化します。
果実香 果実香…熟れた果実やドライフルーツの様な香り 商品リスト  
花 香 花 香…花を思わせる清らかで瑞々しい香り 商品リスト
甜 香 甜 香…焼き菓子のようなふわりとした甘い香り 商品リスト
蜜 香 蜜 香…花の蜜のような新鮮で濃厚な香り 商品リスト
はじめての台湾茶
まず初めは比較的、発酵・焙煎が軽めのものをお勧め致します。少量からご用意しておりますので、少しずつ好みをお探り下さい。
初めての方向け 商品リスト

遊山茶訪TOP  | 遊山茶訪ホームページ  | ニュース  | 台湾茶の楽しみ方  | お問合せ  | プライバシーポリシー